2009年04月13日

横浜岡村剣友会会則


平成15年7月2日改訂

第1条 目的
本会は剣道の普及と発展を願い、練成を通じて青少年の健全育成
と心身の発達向上及び会員相互の親睦を図ることを主たる目的と
する。

第2条 交流
本会は横浜磯子剣道連盟参加の諸団体及び区内外の青少年とその
関係者との広い交流を持って組織される。

第3条 会員
本会に入会した青少年とその父兄をもって会員とする。
  1. 一般会員 (小、中、高の生徒と成人)
  2. 賛助会員
  3. 名誉会員、顧問を置く

第4条 事務所の設置
本会の事務所は横浜岡村剣友会内に設置する。

第5条 役員 (運営委員)
本会は次の役員を置き、その任期は二年とする。但し、再任は妨げ
ない。
  1. 会長 1名
    全体を統括し、目的達成を期する。
  2. 理事 (運営委員) 若干名
    会長の代行、区内関係団体との連絡、会計監査を兼務する。
  3. 幹事 (運営委員) 若干名
    理事業務の代行をする。
  4. 事務局長
    会計、諸種文書作成、提出、保管、区内関係団体との交流、調整報告等を行う。

第6条 会計監査
理事が兼務する。

第7条 行事
本会は次の年間行事を行う。
  1. 練成会
  2. 区内外の催事への参加
  3. その他必要と認められるもの

第8条 役員の招集
会長は必要に応じて、役員会を開催する。

第9条
  1. 会員の意見、要望の聴取並びに会員の不測の事態への対応、関係者との連絡
  2. 特別出費などの決済は会長又は代行理事の責任で行われ、
     事後に役員会へ報告される。
  3. 月刊稽古予定表と会員名簿(年一回)を作成し、会員に配布する。
  4. その他本会の活動推進に必要と思われる事項

第10条 事業運営費
 各会員の月間会費(1300円)及び寄付金をもって、これを行う。

第11条 事業報告及び決算
 事業報告、会計決算は年一回(年度末)会長によって行われる。

第12条 入退会手続き
  1. 入会は任意とするが、入会者は住所、氏名、電話番号、
    緊急時の連絡先を明記する。未成年者は保護者の同意を
    必要とする。
  2. 退会は3ヶ月以上出席できない者に対して、役員会の総意
    によって決定される。
    ※但し、再入会を妨げないものとする。

以上
posted by 管理人西山 at 17:01 | Comment(0) | 文書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。